インプラントとブリッジ

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知して下さい。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら速やかに歯科医の診断をうけることを心がけて下さい。

いろいろな事情からインプラント治療をはじめるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで大きく異なります。何知ろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。ただし、おおよそ相場は決まっています。

インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいがおおよその相場と考えて下さい。
インプラント治療による危険性を聞いたことがあるでしょう。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査が可能でないという問題はありませんでしたか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像をつくることです。金属があれば、そこは乱れて映ります。
ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのために、MRI検査は問題なくできるはずです。成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。それから、治療が失敗すると、場合によっては起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、患者の死亡例も実際にあります。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使いわけられています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにパーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見うけます。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、たとえば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはできるケースが増えました。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で結構長い間保たせることが可能でるはずですが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。