混同されることの多いインプラント

混同されることの多いインプラントと差し歯。
何がちがうのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。対して、インプラントは差し歯と異なり、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどといわれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントといわれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってちょーだい。
ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるワケです。代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。
ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。
周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。
問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという問題はないのですでしたか。
それは違います。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずないのです。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、そのなかでも喫煙の影響はおもったより大きいというべきでしょう。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもないのです。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどないのです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院をもとめられることもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあるということです。インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がないのです。この原因としては、歯茎の合間に食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症しているケースもあり得るのです。
自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決をはかることです。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてちょーだい。
あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。
義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。